So-net無料ブログ作成
日本映画 ブログトップ
前の5件 | -

四月は君の嘘 動画 フル 映画中国 [日本映画]

映画「四月は君の嘘」の動画フルを無料視聴する方法。中国サイトにはありませんので、下記ご参考ください。


配信先の登録時に貰える特典を利用して無料再生可能です。


2017年4月5日配信!

四月は君の嘘 動画 フル 映画

新規登録で無料視聴できます。

月額もお試し期間内に解約すれば無料



※auビデオパスは、登録にau携帯IDが必要です。




ピアノでコンクールなどでたくさんの賞をとっていた主人公が突然ピアノを弾かなくなるところから物語が始まります。ピアノから離れていた主人公がヒロインと出会いヒロインのバイオリンに感動します。楽譜に正確な演奏を母親から教え込まれていた主人公がヒロインのむちゃくちゃだけど自分を音楽で表現する主人公に少しずつ惹かれていきます。

最初は頑なに拒む主人公も少しずつ心を開きピアノを弾くところまで行き着きます。頑なに拒む主人公に影響を与えるヒロインに心打たれるところや、ヒロインは別の人が好きだとわかっているのにヒロインを好きになってしまう主人公やその主人公を好きな幼なじみなとの恋模様も気になります。人を変えるのは純粋な気持ちだったり恋心だったりするんだな、と昔の青春時代を思い出させるような漫画でとても楽しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

怒り 映画 動画 フル 無料視聴 [日本映画]

映画「怒り」の動画フルを無料視聴するには、動画サービスの配信を待ち、登録特典で無料視聴する方法があります。映画「怒り」の配信サービスが始まればこちらでお知らせしますよ。

(追記:4月5日配信です。)

配信先:
U-NEXT

TSUTAYA DISCAS

auビデオパス


新規登録で無料視聴できます。

月額もお試し期間内に解約すれば無料



※auビデオパスは、登録にau携帯IDが必要です。



(雑記)
昨日テレビでお医者さん監修のダイエット企画をやっていましたが、先生ごとにダイエット方法がバラバラなんですよね。しょっちゅうテレビでダイエット企画をやってるけど、結局リバウンドで戻ってしまってエンドレスになってしまう。そもそもダイエットを真面目に出来る人って、もともと自己管理が出来ている人が多いと思うんですよね。だから初めから太っていないような…。そういう私もしょっちゅうダイエットにチャレンジしていますが、やっぱりエンドレス状態です。
タグ:映画 動画 怒り
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

謎解きはディナーのあとで 映画 DVD 予約 [日本映画]

謎解きはディナーのあとでこの映画には嵐の櫻井翔さん、女優の北川景子さんが出演していらっしゃいます。

もともと原作は小説でした。ドラマをやってから映画になったものです。私はドラマで初めてこの作品と出会いましたが、ドラマを見た後に映画を見て小説も読みました。

ストーリーとしては執事とお嬢様のお話です。非現実的なので、見ていてたまに笑ってしまいました。執事ってこういう風にお嬢様のことを考えているんだな、とか初めて知ることも多く見ていて勉強になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

青天の霹靂 映画 動画 [日本映画]

映画「青天の霹靂」は大泉洋が主演をつとめ、劇団ひとりが監督した作品です。

また劇団ひとりは大泉洋の父親役として出演もしています。ストーリーはマジックバーで働く売れないマジシャン轟正太郎が雷に打たれたことで昔の日本にタイムスリップしてしまうという物語です。タイムスリップした正太郎はそこでマジシャンだった自分の父親と出会います。

幼い頃から男手ひとつで育てられ、自分を捨てた母親を恨んでいた正太郎でしたが、若い頃の父と出会ったことで、自分の出生の秘密を知ることになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゆきゆきて、神軍 動画 [日本映画]

「ゆきゆきて、神軍」は、一人のアナーキストの人生を追ったドキュメンタリー映画です。主人公は、天皇陛下にパチンコ玉を発砲した男、奥崎謙三。

殺人の前科あり、数々の逮捕歴あり。正気の沙汰ではないメッセージで埋め尽くされた街宣車に乗り、叫び続ける「奥崎」という男をひたすらカメラが追っていく、なんとも不思議な作品です。その奥崎は、作中で戦死した仲間たちの死の真実を追うことになるのですが、その方法はひたすら暴力的です。当時の上官を追いつめる、圧倒的な怒りのパワー。

しかし、その原動力は歪んでこそいますが、奥崎ならではの正義なのです。(その証拠に遺族に見せる顔はとてもやさしい)ひたすら奥崎という頭のおかしい男を追うこの作品。爽快感も無ければ、感動もありません。けれど、世の中にはこのような怒りの形があるのだ、このような生き様の人物もいるのだ、ということに不思議と涙が流れてくる。そんな不思議な映画です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - 日本映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。